小陰唇肥大は切開かレーザーのどちらかの治療法を選べる

看護師

理想の性器を手に入れる

笑顔

婦人科形成をすることで、コンプレックスに感じていた性器の悩みを解消することが出来ます。女性器の悩みはとてもデリケートなので、男性医師に抵抗がある人は、女性医師がいるクリニックを選ぶと良いでしょう。

正しい認識を持つこと

女医

女性器に関する悩みやコンプレックスは、デリケートな問題のため間違った認識をしていることがあります。間違った認識を信じこんでしまうと、悩みの種になりやすいです。小陰唇肥大は、多くの男性と性行為をした女性がなるものだと言われることもあります。そのため、小陰唇肥大である女性は、大切なパートナーに男性経験が多いと思われないか不安に感じている人も多くいます。しかし、小陰唇肥大と男性経験の数は全く関係ないことが医学的に解明されています。生まれつき小陰唇肥大の女性がほとんどですが、その原因ははっきりと解明されていません。しかし、小陰唇肥大は手術で治療を受ける事で一般的な小陰唇のサイズにすることが出来ます。

小陰唇肥大の手術方法は、切開手術とレーザーを用いた手術の2通りあります。昔は切開手術の方法でしか治療法はありませんでしたが、最近は医学技術の進化により、メスを使用しないレーザー手術も選べるようになっています。切開手術は実際に性器にメスを入れるので、時間も掛かりますし、痛みによる身体への負担もありました。しかし、レーザー手術は、切開と違ってメスを使用しないので、傷口を縫う必要も無いので、短時間で終わります。また、痛みも少ないので身体への負担を減らす事が出来るのです。レーザー手術は、インストラクターや立ち仕事などの身体を動かす機会が多い人に選ばれています。レーザー手術ですと、翌日から直ぐに仕事が出来ることもありますから、日常生活に支障をきたすことがありません。

元に戻す方法

レディー

処女膜は、処女膜再生手術をすれば元に戻すことが出来ます。様々な理由で処女膜再生手術を希望する女性は多くいます。コンプレックスやトラウマを手術で解消して、前向きで明るい生活を取り戻せます。

清潔に保つことが重要

女の人

デリケートゾーンに臭いが生じた場合は、単に下着やナプキンなどで肌が蒸れて雑菌が繁殖している場合と、病気からくる臭いである場合の二通りあります。臭いがきつくなってきたら、すぐに病院を受診しましょう。